HugMug最新号「憧れのお家&インテリア」特集 好評発売中!

連載記事

  1. 著名人・芸能人
  2. アガサ

モデル・アガサの「子どもと過ごす、週末フォトダイアリー」 Vol.22 子連れフジロックフェス

2019.08.01 Thu

飾らないスタイルが魅力的なモデル、アガサさんの連載コラム第22回目。ハマケンこと浜野謙太さんの妻として、やんちゃ盛りの年子のママとして、等身大のライフスタイルを綴ります。今回は、先日家族で行ったフジロックフェスティバルをレポート!

とにかく暑い!!!!

夏ってこんなに暑かったっけ。。。。

生活リズムは早速ごちゃごちゃになっちゃってるけど
夏休み、エンジョイしています。

夏休みに入って浜野家はフジロックに行ってきました。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(フジロックは前夜祭、1日目、2日目のお昼までの滞在)

子どもが生まれてから
音楽のライブや野外音楽フェスに
「気軽に」はいけなくなってしまったけれど

やっぱりフェスに行きたい!!!

ということで今回は思い切って

フジロック、、、しかもテント泊に挑戦してみました。

初キャンプからの、、、、、大飛躍ですね(笑)。

今思うとだいぶ思い切った決断だったと思います。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(長男の方はどんどん歩いて進む。テント張りのお手伝いもしてくれました)
とても不安だったので
今回はインターネットを駆使して

たくさんの下調べをしてから行きました。

雨の時どんな物があったらいいか
夜はどんな様子になるのか

SNSやブログを読みまくって情報収集してから挑みました。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(基本的にダラダラと雨。。。ビニールは大きいのやチャック付きのをたくさん
持って行きました)

そのおかげで
ある程度のトラブルはフォローできたと思いますが
それでもやっぱり大変でした。

慣れないテント張りからの、苗場ならではの斜面での寝袋生活

ステージ同士の移動、トイレに行くにも雨の中歩くし待つし。。。。

キッズスペースやシャボン玉で

子どもたちのモチベーションが下がらないように大人は必死でした。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(折りたたみ椅子はリュックに入れて、移動。めちゃんこ活躍してくれました)

私は子どもたちが寝た後、主人にお留守番してもらって
こっそりテントを抜け出し

トムヨークとグッドラックヘイワを

一人で見に行きました。

日中ヘトヘトになっても
好きなアーティストのライブを見ると不思議とその疲れは吹っ飛んで
「来てよかった~ああフジロック最高!!」とかってなっちゃうんですよね。。。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(豪雨の中でのテント撤収作業、、、これがとにかく大変だった)

帰りは近くの温泉で
汗を流してリフレッシュしてから帰宅しました。

帰ってきてから子どもたちに

フジロックどうだったか聞いてみると
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(温泉あがりの一杯!!)

「木の道がよかった! でこぼこ道みたいになってる木の道。
あと寝袋でゴロゴロして遊んだのが楽しかった。
あといろんな色のゴンちゃんがいた」

と言っていました。

子どもたちには無理させすぎちゃったかな、って
途中、心配になった瞬間もありましたが

帰宅後はずーっとライブごっこをしています。
モデル アガサさんの子連れフェス フジロック
(楽しすぎたゴンちゃん探し。。。。からの自宅ライブ)

「とんでなく大変だったけどなんか楽しかった」の感覚は

子どもたちとも共有できたのかなと思うと

改めて行ってみてよかったな~と

思ったりしています。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。