インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!

『蔵出しコレクション 草間彌生+アメリカに渡ったアーティストたち』

展覧会

『蔵出しコレクション 草間彌生+アメリカに渡ったアーティストたち』

このイベントは終了いたしました。

開催期間 2020年02月08日(土)~ 2020年04月12日(日)
開催場所 新潟市美術館 (〒951-8556 新潟市中央区西大畑町5191-9)
開催時間 9:30~17:00(入場券販売は閉館の30分前まで)※4/1(水)以降は、18:00まで開館 ■休館日:月曜日 2/24は開館
料金 一般:¥500(¥400)、大学生・高校生:¥400(¥300)、中学生以下無料 ※()内は20名以上の団体、リピーター割引料金
お問い合わせ 025-223-1622
リンク http://www.ncam.jp/

近年、カボチャの野外彫刻や、色鮮やかな連作絵画を発表し、幅広い世代に注目されるアーティスト、草間彌生(くさま・やよい 1929年生まれ)。

新潟市美術館は、国内美術館では最初期の回顧展「草間彌生 はじける宇宙」(1992年)や、近新作による個展「草間彌生 永遠の永遠の永遠」(2012年)により、その作品世界を大規模に紹介してきました。また、繊細な色彩が静かに滲み出してくるような初期パステル画《線香花火》(1952年)や、幅8.4m、高さ3.2mの大作《流星》(1992年)といった貴重な作例の収集も進めてきました。中でも、南魚沼市出身の版画刷り師、木村希八と共に取り組んだエッチング59点は、鉄筆で刻み付けた生々しい線描で自伝的テーマを表現し、他の素材・技法にはない「知られざる草間」を味わえる作品群です。
併せて草間と同じくアメリカ滞在により転機を迎えた他のアーティストたちの作品も並びます。

貴重な新潟市美術館のコレクションの数々をぜひご覧ください。

画像:草間彌生《南瓜(黄)》1984年、リトグラフ、新潟市美術館蔵

おすすめの参加対象
  • ママだけで
  • ママとお子さんで
  • 家族で
こだわり条件
  • 要予約
  • 入場料無料
  • 施設利用料無料
  • 駐車場あり
  • オムツ交換台あり
  • 授乳室あり
  • 入口スロープあり
  • エレベーターあり
  • ベビーカー移動OK

イベント一覧へ