インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―

展覧会

開校100年 きたれ、バウハウス ―造形教育の基礎―

このイベントは終了いたしました。

開催期間 2020年02月08日(土)~ 2020年03月22日(日)
開催場所 高松市美術館(〒760-0027香川県高松市紺屋町10-4)
開催時間 9:30~19:00 ※日曜日は17:00まで(入室は閉館の30分前まで) ■休館日:月曜日 但し但し2/24(月・祝)は開館、2/25(火)は休館
料金 一般:¥1,000(¥800)、大学生:¥500(¥400)、高校生以下無料 ※()内20名以上の団体
お問い合わせ 087-823-1711
リンク http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/museum/takamatsu/

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が開校され、2019年に、誕生から100年目を迎えました。
バウハウスの基礎教育を中心に各教師の授業内容を紹介するとともに、その一端を体験していただけます。さらに、そこから発展した様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台など)での成果や資料など約300点を展示。また、実際にバウハウスに入学した日本人留学生・水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝、4名の活動を一堂に紹介する初めての機会となります。

画像:ヨースト・シュミット《1923年の「バウハウス展」のポスタ-》1923年 リトグラフ ミサワホーム株式会社蔵
*オリジナルの展示は2月24日まで

おすすめの参加対象
  • ママだけで
  • ママとお子さんで
  • 家族で
こだわり条件
  • 要予約
  • 入場料無料
  • 施設利用料無料
  • 駐車場あり
  • オムツ交換台あり
  • 授乳室あり
  • 入口スロープあり
  • エレベーターあり
  • ベビーカー移動OK

イベント一覧へ