インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!

建築をみる2020 東京モダン生活:東京都コレクションにみる1930年代

展覧会

建築をみる2020 東京モダン生活:東京都コレクションにみる1930年代

このイベントは終了いたしました。

開催期間 2020年06月01日(月)~ 2020年09月27日(日)
開催場所 東京都庭園美術館(〒108-0071 東京都港区白金台5–21–9)
開催時間 10:00~18:00 (最終入館は17:30まで) ■休館日:第2・第4水曜日
料金 一般 :¥900、大学生(専修・各種専門学校含む):¥ 720、中・高校生:¥450、65歳以上:¥450、小学生以下・都内在住在学の中学生:無料 ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
リンク https://www.teien-art-museum.ne.jp/

本展は、1933年に完成した朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の魅力を紹介する、年に一度の建物公開展。これまで毎年異なるテーマを設けてきましたが、2020年の開催となる今回は、この邸宅建築が生まれた時代・都市である、1930年代の東京に焦点を当てます。
1930年代の東京と言えば、1923年の関東大震災によって江戸・明治の面影を失いながらも、「帝都復興」のかけ声のもと近代都市としての新しいスタートを切りました。華々しい震災復興記念祭とともに幕を開けたこの時代は、ガラスと鉄筋コンクリートの近代的な建築が立ち並び、地下鉄が走り、モダンな衣服に身を包んだ人々が銀座の街を闊歩しました。やがて戦争の惨禍にさらされるまでのわずかな間に、日本の都市文化の中心地として花開いたのです。現代の東京につながる都市の原型が形作られた時代と言っても過言ではなく、今にも通じるモダンなライフスタイルの原点を探ることができます。
本展では、東京都の所有する絵画や家具、写真、雑誌、衣服など、多彩なコレクションをご紹介。また、建物公開展では恒例となる、邸宅空間の再現展示を行います。普段は作品保護を目的に閉じられているカーテンが開け放たれるので、光あふれる室内空間の中で、朝香宮邸当時の雰囲気をたのしむことができるのが魅力です。

画像:松井写真館《朝香宮邸大客室》1933年頃

おすすめの参加対象
  • ママだけで
  • ママとお子さんで
  • 家族で
こだわり条件
  • 要予約
  • 入場料無料
  • 施設利用料無料
  • 駐車場あり
  • オムツ交換台あり
  • 授乳室あり
  • 入口スロープあり
  • エレベーターあり
  • ベビーカー移動OK

イベント一覧へ