夏休み 子どもの遊び場・お出かけスポット
  1. 住まい

お弁当アーティスト・及川洋子さんの “リノベでつくる、家族に寄り添う空間”

2019.05.09 Thu

家を一から建てるのではなく、好きな箱さえ見つければ、あとは中を自分たちらしくアレンジすることができるリノベーション。予算や理想と現実の中で、リノベによって素敵なご自宅が実現した家族をピックアップ! お弁当アーティスト・及川洋子さんは、テーマを決めて家をつくっているそう。「もぐらの穴」がテーマの今のご自宅を見せてもらいました。

引っ越すたびに
その家にテーマを決め、
今の家は「もぐらの穴」

まるで山小屋にきたような、不思議な空間の及川さん宅。引っ越しをする度に部屋のテーマをつくっている。前回はナウシカがテーマでグリーンとドライフラワーであふれていたそう。

「今回の家は薄暗さを生かして、もぐらの穴がテーマ。壁の色は夫婦2人で筋肉痛になりながら塗りました」。

2人で壁を塗る際に、天井も同じ色に。元々ついていたライトの形を残して、まるでデザインのように仕上がった。

「ライトはルイス・ポールセン。変わった形のものが好き。明るすぎるライトは好きではないので、間接照明や小さなライトで十分」。

キッチンは山小屋のような雰囲気。

「カウンター部分には、ごちゃごちゃと好きなものを並べています」。


見出し

カントリー調のキッチンは、この家を気に入った理由のひとつ

201904_p30renovation_2
収納が多く、使いやすいカウンターキッチンも、この家に惹かれたポイント。「料理しながら家が見渡せて、生活しやすいです」


見出し

変わったつくりと薄暗さ。そこを生かして自分たちらしい家に

201904_p30renovation_1
「テーマをもぐらの穴と決めて、木を置いたり、壁の色を決めたり。テーマに合わせて家をつくっていく作業がとても楽しいんです」


見出し

キッチンに簡単DIYで木の棚をつくり、より機能的に

201904_p31renovation_3
201904_p31renovation_4
「木板を組み合わせて自分でつくった木の棚と小さな簡易ライトは、まるで山小屋のような雰囲気のこのキッチンにぴったり」


見出し

ソファにはクッションをたくさん並べ、寛げる場所に

201904_p31renovation_5
「ずっと使っているのでそろそろ買い換える予定のソファ。家族4人になったので全員で寛げるような大きさを探しているところ」


見出し

個性的なライトが特徴である及川家。ダイニングのライトもDIYで取り付けを

201904_p31renovation_6
内装屋さんである友人に相談しながら、ダイニングルームのライトを取り付け。「木の板を使いながら、電気の配線を工夫しました」


見出し

夫婦で塗った壁と天井。ライト周りはあえて元の色を残してポイントに

201904_p31renovation_7
201904_p31renovation_8
201904_p31renovation_9
絶妙な壁の色は、内装屋である友人に調合してもらったもの。フローリングを全て絨毯に変え、部屋ごとに絨毯の色も変えたそう。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。