インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!
  1. 住まい

“家の真ん中にガレージ!?” 今どきファミリーも注目。ガレージを主役にした住宅が登場!

2021.06.10 Thu

住宅エンターテインメントメディア『Dolive(ドライブ)』が、カー用品販売チェーン『オートバックス』が手がけるガレージライフスタイルブランド『GORDON MILLER(ゴードン ミラー)』とコラボレーションして、ガレージを主役にした、まったく新しいコンセプトの住まいを提案。アウトドアやDIYなど、家族みんなで趣味を楽しめる空間で自分たちらしい暮らしを叶えよう。

ライフスタイルにおける価値観が変わりつつある昨今、住宅に求めるものが多様化。自宅で過ごす時間が増え、自分らしく満足のいく家を追求するニーズが高まっている。
住宅エンターテインメントメディア『Dolive(ドライブ)』と、ガレージライフスタイルブランド『GORDON MILLER(ゴードン ミラー)』がタッグを組んで提案する規格住宅は、「ガレージの中に住宅という機能がついている」という発想にもとづいた新しい住まいのカタチだ。広さに合わせて選べる2タイプのプランをご紹介。

家の真ん中にガレージがある大胆な間取りの「FLATタイプ」

「FLATタイプ」の外観デザインは、素材感を生かし、シンプルに仕上げた塗り壁の外壁と、落ち着きのあるモスグリーンの配色が印象的。余計なディテールを入れず、大きな格子窓を採用した倉庫のような雰囲気。

ガレージはあえて家の中心に配置。約28㎡の大きなガレージは、奥行きも約7.7mと広々。ガレージを孤立させず、居住スペースとつながりのある空間を実現している。

リビング・ダイニングは、サッシを開け放つとガレージと一体感のある広々としたレイアウト。中2階にロフトスペースを設け、ワークスペースやコレクションスペースとしても使える。

都市部のような狭い土地でもガレージが楽しめる「COMPACTタイプ」

「FLATタイプ」と同様にガレージを1階の中心部分に配置。中2階と大きな吹き抜けからなるスキップフロアを採用し、2階のワークスペースやリビング・ダイニングなど各フロアにつながりを持たせている。

ガレージとエントランスの仕切りには、大きなサッシを採用。床をひと続きの土間にすることで、広がりのある空間に。

こちらは2階のワークスペース。スキップフロアを用いることで、ガレージとのつながりを演出している。

今回紹介した規格住宅は、2021年秋頃、Dolive取扱店にて販売開始予定。DIYをしたり、趣味のアウトドアギアを置いたり、音楽を流して楽しんだり……。アクティブな家族なら、新感覚のガレージライフに心高鳴るはず! 住まいづくりを考えているファミリーはぜひチェックしてみて。


(お問い合わせ)
「THE HOUSE GARAGE PROJECT by GORDON MILLER」プロジェクト概要はこちら
https://the-house-garage.dolive.media/
Dolive
https://dolive.media/

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。