1. 子育て

子どもに“ほんもの”を贈ろう d47 MUSEUMの全国こども道具【2~3歳向け】

2017.05.19 Fri

d47 MUSEUMの「47こども道具展」より、ギフトにぴったりな“全国のこども道具”を年齢別にピックアップ。元気に動き回ったり、自分を表現できるようになってきた2~3歳の子どもには、心地よくお出かけできたり、感性を育むものがおすすめ。日本各地のものづくりの現場から集まった“やさしさ”あふれる道具たちをぜひチェックしてみて。

こわっか

@北海道
こわっか @北海道
子どもの暮らしを考えるプロジェクト「コド・モノ・コト」と、デザイナー・小野里奈氏、北海道の木でテーブルウェアを制作する『高橋工芸』により生まれた、親子をつなぐつり革。外出時に大人のベルトや鞄につけると、子どもの手が届くつり革になり、大人の手がふさがっている時の不安を和らげてくれる。
¥3,500/髙橋工芸


MUSEO

@福島
MUSEO
福島県・南会津地方の木工に携わる職人たちが、立ち上げた木製玩具ブランド『Mastro Geppetto』が提案する、綴じることで額縁になる画板『MUSEO』。子どもが描き、飾ることで、表現することの楽しさを味わえる。石ころみたいなクレヨンロックとA4用紙30枚程がストックでき、スマートに整理整頓が可能。
¥12,000/Mastro Geppetto


おやさいクレヨン

@青森
おやさいクレヨン
農業が盛んな青森県のお米と規格外野菜からつくられた、口に入れても安心なクレヨン。野菜そのものの色彩を活かし、それぞれに「ピーマン」色や「トマト」色など、野菜の名前が付けられている。今までのクレヨンにはなかった自然そのものの色で描くお絵かきは、子どもの感性を育むのにぴったり。
¥2,000/mizuiro


ORDER BORDER-PLAY KIDS

@新潟
ORDER BORDER-PLAY KIDS
ニットの生産地である新潟県の加茂市で、ピュアオーガニックコットン100%のカットソーをつくる「G.F.G.S」。近隣の工場と協業してつくられる完全受注生産のボーダーカットソー“ORDER BORDER”は、ボーダーの幅やカラー、ボディタイプなど細かな部分までオーダーでき、世界に一着だけのスペシャルな贈り物に。
¥8,500/G.F.G.S.


d47 MUSEUMでは、今回紹介しきれなかった都道府県の道具たちも合わせ、47つすべての都道府県の“こども道具”が展示中。ミュージアムのすぐ横では、実際に購入もできるのでこの機会にぜひ足を運んでみて。

開催情報はこちらをチェック!
47こども道具展

お問い合わせ先
d47 MUSEUM 03-6427-2301

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。