8/28 HugMug最新号「憧れのお家&インテリア」特集、発売!

PR

  1. 子育て

わたしが輝く、くもんの先生という仕事 vol.3

2019.08.28 Wed

毎日の子育てを自分らしく楽しみながら、先生として働く。結婚・出産というかけがえのない経験を重ねる中で、くもんの先生という仕事を選び、夢に向かって進むママがいます。そんな2つの顔を持つ丸山先生に、いろんなお話を伺いました。

〈profile〉
丸山美樹 先生
3歳と1歳の女の子のママ。恩師であるくもんの先生との再会を機に、2014年4月に教室を開設。読書、野球・サッカー観戦、旦那さんと音楽活動を行うなど、自分を癒す趣味の時間も多彩。


子どもと一緒に夢を追い、導いていく。
くもんの先生をはじめて、新しい夢ができた。

昔から自分と向き合うことを大切にし、「こんなことがしたい! こんな風になりたい!」という目標に向けて、とにかく突き進んでいくタイプだったという丸山先生。結婚して地元に戻った際も、大好きな旅行会社での仕事を続ける予定でしたが、運命の再会によって新しい道が拓けていったと言います。

「偶然、お世話になっていたくもんの先生と再会したとき、『戻って来たなら、絶対にこの仕事が向いているからやってみてはどう?』と言われて。私自身、幼い頃からKUMONを学習していましたし、大人になってからもいろんな悩みを相談していたほど、大好きな先生だったんです。とても驚きましたが、家族にもすぐ相談しました」

くもんの先生は “人を笑顔にする”という部分でもこれまでの自分の経験が生かせると思いました。家族も応援してくれたことで、チャレンジする決意が固まったそうです。

教室を開設した丸山先生が子どもたちに伝えているのは、“夢を叶える人になろう”ということ。「KUMONを通じて自身が経験した成長や可能性の広がりを、子どもたちにも体感してほしくて」と教えてくれました。そして、開設から2年後に長女を出産。教室も軌道に乗っていた中での出産・子育ての両立は、大変なときもあったそうです。

「楽しく両立するためには “できないこと”を受け入れることが大切だと感じました。時間は限りがあるものですし、無理をせず、できないことは母や妹に頼るようにしています。そうすることで気持ちにメリハリが生まれ、家庭でも教室でも笑顔でいられるのかなと。今は、どの時間も自分らしく楽しめていると実感していますね」

子育て真っ最中でも、家族と連携しながら両立を実践している丸山先生。最後に、くもんの先生としての夢を聞きました。

「例えば10年後、夢を叶えた子どもたちと再会できる日が来たら、本当に幸せですね。だからこそ一日、一日を大切にして子どもたちと向き合い、成長や可能性の広がりを実感させてあげたい。その子がいちばん輝ける未来へと、日々導いていく存在になりたいと思っています」


丸山先生が疲れていると「お母ちゃん、大丈夫だよ」と頭を撫でてくれたり、「これ食べると元気になるよ」と言ってくれたり。ふとしたときに、3歳の長女が掛けてくれる思いやりのある言葉が元気の源に。
写真好きの父の影響もあり、一眼レフを勉強中。お出かけ中やお家にいるときでも、常にパシャパシャと撮影しているそう。日々成長していく子どもとの時間や家族の思い出をどんどん残していきたいと、奮闘しています。
アルバムを見返す度に、“結婚・出産”と“くもんの先生になったこと”は当たり前ではなく、「いろんなキセキが巡り会ったからこそ!」と実感。日々の瞬間に、いつも感謝することを忘れないようにしています。

過去の【くもんの先生 interview】はこちら!
わたしが輝く、くもんの先生という仕事 vol.1
わたしが輝く、くもんの先生という仕事 vol.2


sponsored by 公文教育研究会
media by C.REP Co.Ltd



“くもんの先生”説明会開催中!
http://www.kumon.ne.jp/inst
問い合わせ:0120-834-414(平日9:30~17:30)

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。