インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!
  1. ママライフスタイル

小さな子どもと花を楽しむ 6つのアイディア

2020.11.23 Mon

花を飾りたいけれど、小さな子どもがいるとなかなか難しいのが現実。ここでは、子どもと一緒に楽しめる花の飾り方を「edenworks」のフラワークリエイター・篠崎恵美さんに教えてもらいました。

idea-01 スワッグをドアに吊るす


スワッグはドライになりやすい花でつくるのが◎。別々に束ねた2つのスワッグをひとつに合わせて飾ることで、自然と動きが生まれる。「茎の部分も花のアレンジと同じ感覚であえて切り揃えずに束ねましょう。買ってきた生花をすぐドライにすればきれいに色が残ります」。束ねるときは針金や麻紐でまとめると部屋のインテリアにもすんなりなじむ。

flowers ▶ かすみ草、オオヤマボクチ、グレビレア、セルリア


idea-02 ガラス瓶にドライフラワーを詰め込む


ぎっしり詰めても、シンプルに一輪だけでも可愛い、360度楽しめる花ボトル。フタ付きだからホコリやカビの心配もなく、長い期間楽しむことのできる飾り方。「たくさん花を詰め込むときは軸になる大きめの花を入れてから 、そこに合わせていくようにピンセットで隙間なく小さな花を入れていきます。ぜひお子さんと一緒に楽しくつくってみてください」

ガラスボトル[大]¥2,500、[小]¥1,200/edenworks bedroom

flowers ▶ドライフラワー各種


idea-03 押し花をクリアフレームに入れる


専用の道具を使わなくても、実は気軽にできる押し花。つくり方は、手帳や新聞紙などに花を挟んで、重石を載せてから2週間ほど放置するだけ。花は一種類の花を敷き詰めても、また絵を描くような感覚で好きな花をたくさん組み合わせても◎。額装するときは、少し押し花に接着剤をつけて固定させると安心。

クリアフレーム¥3,500/edenworks bedroom

flowers ▶ マーガレット


idea-04 紙でつくられた花を飾る


ペーパーフラワーは水を入れずに楽しめるから、子どもがいても安心。エアプランツのように花単体で置いても◎。ワイヤーが入っているので、自由自在に生けることができる。「写真の花は、日本の手仕事のすばらしさを伝えたいという思いからスタートした『ペーパーエデン』のもの。生花と一緒に飾っても可愛いですよ」

フラワーベース=すべてスタイリスト私物

flowers ▶ ペーパーエデン各¥3,500~/edenworks bedroom


idea-05 壁掛けできる花器を使う


壁掛けタイプの花器は、子どもが倒す心配もなく安心。写真の可愛らしい花器は陶芸家・石井啓一さんと『edenworks』とのコラボレーションによって生まれたもの。花は単体でも美しいけれど、アートと組み合わせることでその魅力は倍増! 写真のような安らぎを与えてくれる白っぽい静かな花は、ベッドルームに飾るのがぴったり。

フラワーベース¥16,800※数量限定/edenworks bedroom

flowers ▶ ラムズイヤー、シルバーデージー、バラ、イモーテル


idea-06 ジップバッグにドライフラワーを閉じ込める


ただ透明の袋に閉じ込めるだけで、ひとつのアート作品に。機能性を備えたジップパッグに入れれば、湿気が気になるトイレや洗面所でも気軽に飾れる。「ドライフラワーは動かそうとすると花がポロポロと落ちてきてしまいがちですが、袋に入っていれば移動もラクラク。子どもやペットのいる家でも気軽に飾れます」。棚に立てかけたり、壁に貼ったり、好きな場所に飾ってみて。

flowers ▶ ドライフラワー各種


(SHOP LIST)
edenworks bedroom bedroom@edenworks.jp


HugMug最新号はこちらでチェック

▼ HugMug最新号はこちらから購入できます。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。