インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!

連載記事

  1. 著名人・芸能人

【連載】モデル・武智志穂の沖縄でのんびり双子育児 Vol.8「保育園の便利アイテム」

2021.04.25 Sun

出産を機に東京から自然豊かな沖縄に移住した、モデルの武智志穂さん。はじめてのことに戸惑いながらも大好きな地で子育てを楽しむ武智さんのママライフを紹介します。第8回目は、保育園生活のお役立ちアイテムについて綴ってくれました。

瑛士と絢士は4月から保育園が始まりました!

わが家と同じく、この4月から新しい環境でスタートを切られた方も多いのではないでしょうか?

通い始めて約1ヵ月が経ち、保育園の生活リズムにも慣れ、毎日先生や年上のお兄ちゃんお姉ちゃんに可愛がってもらって楽しそうに過ごしています。

初めて登園した日から泣くこともなく、親がちょっと寂しいくらい(笑)、あっさりと「いってきま~す!」。

広い天然芝の園庭で日焼けして、日に日に健康的な肌色になってきています(^^)

先生の言うことをよく聞いて、お友達にやさしく仲よく、すくすくと元気に大きく育っておくれ~!

 

今回のコラムでは、そんな保育園生活で役立ってくれている便利なアイテムをご紹介したいと思います。

保育園では持ち物すべてに名前を記しておかなければなりません。

もちろんオムツ一枚一枚にも!

毎日いちいちペンで書くのは大変なので、油性のスタンプを購入。

いろんなメーカーから出ているのですが、レビューを見比べて『WESスタンプ』にしました。

離島の沖縄でも注文から1週間ちょっとで届きましたよ~。

スタンプ台は必要なし。

一度インクを補充すれば、ポンポンと押せるタイプのものです。

“次押そうとしたら乾いていた”というレビューをたくさん見かけていたので、試しに使い終わったらラップをして冷凍庫で保管。

次に使うときは30分前くらいに冷凍庫から出して放置。

そうするとインクが乾くことなく、ポンポンと押すことができました!

よかったら試してみてください。

スタンプのデザインはフレームやキャラクターを付けることも可能でしたが、スタンプを押す素材によってはうまく押せなかったり、かすれてしまったりするようで……

それが嫌だったので、シンプルに名前だけでオーダーしました。

すぐに乾いてくれるので、手についたりすることかもなく快適!

むしろポンポン無心で押すのが楽しくて、オムツ4袋とかまとめて押しちゃってます。

 

贈り物でいただいたブランドもののお洋服や、少し高かったお洋服ってありますよね。

サイズアウトで着れなくなったからって雑巾にしたり捨てちゃうのはもったいない。

きれいな状態で譲りたいから名前は書きたくない! ってお洋服ありませんか?

そんなときはマスキングテープと、油性ペンの出番。

マスキングテープに名前を書いて、品質表示タグに貼り付けるだけ。

友人に教えてもらったのですが、これが意外とタフで、洗濯しても本当に全然はがれてこない。

10回くらい洗濯したら、ちょっと角がくるくるしてきましたが、全然許容範囲。

これなら次使ってくれる人にきれいな状態で譲ることができる。

ナイスアイディア!

 

親から離れて、保育園という私の知らない環境で、それぞれの世界を切り開いていっているわけですが、教えていないようなことをできるようになって帰ってきたり、食べられるものが増えて帰ってきたり。

子どもって、親が思っているより強くて逞しいものですね。

 

あっ、そうそう!

実は今月からYouTubeを始めました。

沖縄のおすすめスポット、子育て、ファッション、美容、アウトドア、旅行、料理などなど。

毎週金曜日に、ゆる~く更新しています。

もしよかったらお暇なときにでも覗いてみてください♪

よろしくお願いします!

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。