インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!
  1. 住まい
  2. インテリア

気になるあの人の食器棚&本棚見せて! vol.4【食器棚/e.m.セールス・相澤利佳さん】

2021.02.13 Sat

自分の好きなものを上手に飾って快適な棚ライフを楽しむ、6人の業界人の食器棚と本棚をご紹介! ついマネしたくなる、おしゃれに整えるヒントが盛りだくさんです。vol.4はジュエリーブランド『e.m.』セールスの相澤利佳さんに食器棚のマイルールと親子のお気に入りの器を聞いてみました!

CUPBOARDS #04

相澤利佳さん
e.m.セールス

 

ジュエリーブランド『e.m.(イーエム)』の営業職。多趣味な旦那さんと2歳の娘さんと、今年4月にリノベーションしたヴィンテージマンションに引っ越したばかり。
Instagram:@ririripink


時間をかけて愛し続ける
シンプルでクラシカルなもの

北欧ヴィンテージのチェストには、よく映える白や淡い色の洋食器が並んでいる。なかでも相澤さんが気に入ってコレクションしているのが、『ASTIER de VILLATTE』の器。棚に収納できていないものも含めれば、30枚ほどはあるだろうか。「10年以上かけながらじっくりと集めてきました。一時は収集をやめた時期もあったのですが、最近また再熱。歳を重ねて、また『アスティエ』のクラシックな美しさに力を感じるようになりました。非常に繊細なので日常的にガシガシ使うというよりは、特別な日に。おもてなしの器として使えば食卓が一気に華やぎます。器そのものに存在感があるので、載せるものはフルーツやクッキーなどシンプルなもので十分です」。チェストの上には、『アスティエ』の猫型のお香立てと、陶芸家・高田かえさんの花器、ギザギザがトレードマークの『invisible ink』の鉢もオブジェ代わりに並べられている。テイストはバラバラながら、時代を超えてもなお愛すことのできるシンプルな佇まいが、心地のいい調和を生み出している。

キッチンの備え付け棚には和食器も収納。器好きの旦那さんが集めているという、作家さんの器も数多くある。「洋食器は表参道にお店のある『H.P.DECO』で、和食器は浅草橋にある古道具屋『白日』で購入することが多いです。引っ越してまだ4ヵ月の住まい。暮らしに合わせて少しずつ器も増やしていきたいです」


ダイニングテーブル脇に佇む大きなチェストは、福岡の古家具屋で購入した英国老舗家具メーカー『G-PLAN』のヴィンテージ。詰め込みすぎないことで、器ひとつひとつをしっかりと愛でる。


漆喰の壁に、温かみのあるヴィンテージ家具がよく映える居心地のいい住まい。ダイニングはチェストとテーブルの色を合わせることで、一体感のある空間を演出している。


壁をくり抜いてつくったキッチン棚には涼しげなガラス製品が。お気に入りは、日本では珍しい『Peter Ivy』のショートパスタ用のジャー。素麺がジャストフィット。


子ども用のお気に入りの器。上から時計回りに、大好きなミッフィーちゃんの器と、割れても保証期間内であれば交換してくれるというサスティナブルなテーブルウェアブランド『NUPPU』の器。


アスティエの器は、ほぼ『H.P.DECO』で購入したもの。星型のものは5年前、結婚祝いに友人からもらった思い出の器。透き通るような味わい深い白色がたまらない。


HugMug最新号はこちらでチェック

▼ HugMug最新号はこちらから購入できます。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。