インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!
  1. 住まい
  2. インテリア

気になるあの人の食器棚&本棚見せて! vol.1【食器棚/farver オーナー・渡辺安樹子さん】

2021.02.02 Tue

自分の好きなものを上手に飾って快適な棚ライフを楽しむ、6人の業界人の食器棚と本棚をご紹介! ついマネしたくなる、おしゃれに整えるヒントが盛りだくさんです。vol.1は花屋『farver』の渡辺安樹子さんに食器棚のマイルールと親子のお気に入りの器を聞いてみました!

CUPBOARDS #01

渡辺安樹子さん
farver オーナー

 

フローリスト歴9年目。現在は個性あふれる花を多く揃える中目黒の隠れ家的花屋『farver(ファーヴァ)』を夫婦で営む。プライベートでは6歳の女の子のママ。
Instagram:@farver_conduit_official


リビングとの一体感を大切に、
個性豊かな世界各国の器を飾る

中目黒で“ファッションとしての花”をコンセプトに、さまざまな分野で活動する花屋『farver』を営む、渡辺さん。自宅の食器棚には和食器や東南アジアの器、北欧のものまで世界各国の器がずらり。色や形が異なる、多種多様な食器を並べることは、お店で個性豊かな花々を飾るときとちょっと似ているそう。「どうしたらきれいに見えるか考えながら並べるのって楽しいですよね。キッチンは生活感の出やすい場所だから、食器棚にはオブジェや花も置くことでリビングともなじみやすいように意識しています」

器は、ツヤっとしているものよりも、つくり手の温かみが感じられる素材感のあるものがお気に入り。「最近はエスニック調の洋服が好きで、器の好みもそちら側に。今はベトナムの器『ソンベ焼き』のヴィンテージを収集中です」。最近は金継ぎも覚えたという渡辺さん。割ってもいいという気持ちで子どもにも大切な器をたくさん使ってほしいと話した。


食器棚は『COMPLEX UNIVERSAL FURNITURESUPPLY』のもの 。普段はガラス戸をつけて収納。部屋の照明も同店のもので合わせて雰囲気を統一。


植物が多く、日当たりのいいキッチン&ダイニング。ダイニングからキッチンを眺めたとき、生活感が出ないように食器棚の見せ方や家電の配置を徹底的に意識。


親子でお気に入りの器。上から時計回りに陶芸家・野口寛斎さんの深皿、東南アジア雑貨店『333』で見つけた小ぶりなソンベ焼き、『BONCHIC MAROC』の小皿。


仕事柄たくさんあるユニークな花器たち。特にコレクションしているのがフランス の『La Soufflerie』のもの。ぽってりとしたフォルムが花を可愛く見せてくれる。


HugMug最新号はこちらでチェック

▼ HugMug最新号はこちらから購入できます。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。