1. TOP
  2. フード
  3. ワタナベマキさんの15分でつくる 時短麺レシピ[パスタ編]
    センスのいいママ・パパが集まるファミリーライフマガジン
    FOOD
    ワタナベマキさんの15分でつくる 時短麺レシピ[パスタ編]

    ワタナベマキさんの15分でつくる 時短麺レシピ[パスタ編]

    お気に入り
    パスタ、うどん、中華麺。子どもが大好きな麺! 簡単にできるからこそ、レシピがマンネリ化している方も多いのでは? 調理時間たった15分で完成する、忙しいママのお助け時短レシピを、人気料理家のワタナベマキさんに教えていただきます。今回は子どもウケ間違いなし! 見た目にも華やかなパスタレシピ。普段の食卓はもちろん、おもてなしにも◎

    時短レシピ パスタ01.
    野菜のラグーパスタ

    カボチャがほろほろ、本格的な煮込みパスタが15分で。ソーセージやカボチャのごろごろ感がボリューム満点!

    【材料】2人分
    パスタ……160g


    ソーセージ……6本(乱切り)
    トマト……250g(1cm角に切る)
    たまねぎ……1/2個(1cm角に切る)
    カボチャ……100g(1cm角に切る)

    ニンニク……1かけ分(みじん切り)
    白ワイン……50ml
    塩……小さじ2/3
    粗挽き黒胡椒……少々
    オリーブオイル……大さじ1

    【つくり方】
    1.鍋に2リットルの水と塩大さじ1(分量外)を入れて
    沸かした湯で、パスタを袋の表示通りに茹でる。
    2.別の鍋にオリーブオイル(分量外)とニンニクを入れて中火にかける。香りが立ったら★を入れて、全体がしんなりするまで炒める。
    3.白ワインを加えひと煮立ちさせ、弱火にして蓋をする。時々混ぜながら約8分煮て、塩、胡椒をふる。最後にオリーブオイルを回しかける。
    4.1のパスタを湯切りし器に盛って、上から3をたっぷりとかける。

    おいしくなるPoint>>>

    行程3の最後にオリーブオイルを回しかけることで、味がまろやかに仕上がる。具材がパスタになじみやすくなる。


    時短レシピ パスタ02.
    明太子とモッツァレラの冷製パスタ

    モッツアレラと明太子の新鮮な組み合わせ! パスタは、極際のカッペリーニがおすすめ。

    【材料】2人分
    パスタ(カッペリーニ)………140g


    明太子………1腹(包丁で薄皮から身をそぐ)
    モッツァレラチーズ………200g(2㎝角に切る)
    レモン汁………大さじ2

    塩………小さじ1/3
    オリーブオイル………大さじ2
    粗挽き黒胡椒………少々
    バジル………10g

    【つくり方】
    1.ボウルに、★を入れてよく和える。
    2.鍋に2リットルの水と塩大さじ1(分量外)を入れて沸かした湯で、パスタを袋の表示通りに茹でる。茹で上がったら冷水にさらし、水気をしっかりと切り、さらにペーパーでふく。
    3.1に2を加えて和え、胡椒をふる。器に盛り、ちぎったバジルを散らして完成。

    おいしくなるPoint>>>

    行程1で具材をしっかり和える。明太子がパスタによく絡み、味が均一になじむ。


    時短レシピ パスタ03.
    メカジキとズッキーニのショートパスタ

    メカジキの旨味が広がる、インパクトある一皿。時間が経ってもおいしいので、お弁当にも。

    【材料】2人分
    パスタ(フジッリ)………150g
    メカジキ………200g(表面の水分をペーパーでふく)
    ズッキーニ………1本(80g:5mm角に切る)
    タマネギ………1/2個(5mm角に切る)
    オリーブオイル………大さじ2
    ニンニク………1かけ分(みじん切り)
    白ワイン………80ml
    ナンプラー………大さじ1
    塩………少々
    粗挽き黒胡椒………少々
    チーズ………お好み

    【つくり方】
    1.鍋に2リットルの水と塩大さじ1(分量外)を入れて沸かした湯で、パスタを袋の表示通りに茹でる。最後に茹で汁を80ml使うので残しておく。
    2.フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れ、中火にかける。香りが立ったら、メカジキを入れて焼き目がつくまでしっかりと焼く。
    3.ズッキーニとタマネギを加えて、メカジキをくずしながら、タマネギが透き通るまで炒める。白ワインを加えてひと煮立ちさせ、ナンプラー、塩を加えて混ぜる。
    4.3に1の茹で汁を加えてなじませる。湯切りしたパスタを加えて炒め合わせ、胡椒をふる。器に盛って、お好みでチーズをかける。

    おいしくなるPoint>>>

    メカジキにしっかり焼き目を付けること。くさみもなくなり、香ばしさが出る。

    教えてくれたひと
    料理家・ワタナベマキさん
    1976年、神奈川生まれ。グラフィックデザイナーを経て、2005年から「サルビア給食室」を立ち上げ、料理家に。雑誌や書籍でのレシピ提案、イベント、料理教室など幅広く活躍中。旬の素材を大切にした季節の料理、常備菜、お弁当、朝ごはん、サラダなどの著書は多数。近著に「ごはんにかけておいしい。材料2つでいためもの」(主婦と生活社刊)などがある。Instagram:@maki_watanabe
    recipe & styling/Maki Watanabe photography/Nao Shimizu
    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    みんなに教えてあげる

    KEYWORD

    WHAT'S NEW新着記事

    READ MORE

    HugMug MAGAZINE

    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    MY BEST HOME

    お家時間がもっと好きになる! 最高の家づくり

    RANKING人気記事ランキング

    総合
    特集
    ファッション
    ライフスタイル
    子どもの行事
    お出かけ
    子育て
    フード
    ビューティ
    READ MORE

    CATEGORY

    HugMug MAGAZINE

    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    MY BEST HOME

    お家時間がもっと好きになる! 最高の家づくり