インテリアや最新トレンド、今どきママのライフスタイルをチェック!
  1. 住まい
  2. インテリア

家族で過ごす家が好き! 【Vol.3 えぐちさん邸】

2021.01.29 Fri

目が覚めて朝ごはんを食べる。 掃除をしながら音楽を聴く。 子どもが昼寝をした隙に、読書を楽しむ。 夜ごはんをつくりながら 宿題する子どもを眺める。 家族で食卓を囲み、眠りにつく。 何気ない日常の一瞬が少しずつ 重なっていくことで、 増えていく家族と家の思い出。 その家族ごと心地良い過ごし方は違って 幸せの形は家族それぞれ。第3回は、お家時間が長くなって、さらに家族の絆が深まったえぐちさん邸。

contents
01 家族・住まいのDATA
02 えぐちさん/“住まい”についてのインタビュー
03 DINING/ダイニング
04 TERRACE/テラス


— えぐちさん邸・DATA -
FAMILY:5人家族(パパ・ママ・長男10歳・次男3歳・長女2歳)
HOUSE TYPE:一軒家/注文
HOUSE DETAIL:築2年/3LDK

ぐっと増えた家時間が
家での過ごし方を改めて
見直させてくれた

夫婦どちらも忙しく過ごしていたえぐち家。リモートワークが増えたことで、家時間にだいぶ変化があったとのこと。

「平日はどちらかが残業で、3人+片親でごはんを食べるという生活だったのですが、毎晩全員で食卓を囲めるようになりました。それはわが家にとって大きな変化。それにともない、今まで料理をしなかった夫が料理にハマってしまって。今ではスパイスからつくるカレーなど、料理本を見ながらこだわってつくれるようになりました。次男と長女も料理が大好き。何をつくろうか、まずアイディアを考え、それから料理をするというワークショップのような感じで楽しんでいます。この間つくったお寿司パンは盛り上がりました」

リモートワークになったことで、家が職場化。仕事と家族時間の切り替えが重要に。

「一軒家なので、フロアで仕事場を区切れることが良かったです。夫が地下、2階で私が仕事しながら長男の勉強を見たり。テラスがあるおかげで、ここで子どもたちが水遊びをするのを眺めながら休憩したり。子どもとの時間がリフレッシュになっています」


DINING
ダイニング


家族でレモネードづくり。「基本的にはパパが長男と運動に出かけ、私と長女、次男の3人が家で何かをつくっているというチーム分けに自然となっています」

広々としたキッチンで娘さんと料理を楽しむことも。カウンターにはりかさんが創ってきた作品が並ぶ。

「かたい〜」「すっぱい!」など長女と次男が口々に大騒ぎしながら、大好きなレモネードづくり。

ダイニングテーブル横のシェルフには思い出の写真を。

「料理にハマった夫に〈LABOUR AND WAIT〉のエプロンを誕生日にプレゼント。息子もお揃いです」



TERRACE
テラス


りかさんはテラスでお茶を飲みながら子どもたちと遊び、ご主人はソファで読書。「プールがあれば兄妹で勝手に盛り上がっていますが、私が近くに来るとやっぱりとても嬉しそう」

リビングルームに置いてあるギターを弾きながらふたりで歌う。子どもは何でも楽しめる。

子どもたちの言葉でたまに笑みがこぼれながら読書する旦那さん。


関連記事はこちらから
家族で過ごす家が好き! 【小川さん邸】
家族で過ごす家が好き! 【太田さん邸】


HugMug最新号はこちらでチェック

▼ HugMug最新号はこちらから購入できます。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。