夏休み 子どもの遊び場・お出かけスポット
  1. ママライフスタイル
  2. ハンドメイド

佐藤かなさんに教わる 新学期グッズ 基本の3点セットのつくり方【お弁当袋&コップ入れ】

2017.03.04 Sat

「お弁当袋&コップ入れ」のつくり方

01 お弁当袋&コップ入れ

すべて同じ生地でつくるのではなく、「ちょっとお揃い」感でおしゃれ度がアップ。雰囲気のあった同じシリーズの生地をセレクトするのが、佐藤流ポイント。


材料

材料

  • デニム生地:それぞれの底になる布
    (お弁当袋:幅30×タテ25cm、コップ入れ用:幅20×タテ15cm)
  • ストライプ柄生地:お弁当袋用の布幅30×タテ40cm
  • 波柄生地:コップ入れ用の布 幅20×タテ35cm
  • カラーロープ(お弁当袋用:85cm×2本、コップ入れ用:60cm×2本)

★生地は型紙どおりに裁断してください。生地の分量は購入時の目安です。
型紙はこちらからダウンロード(A4サイズの用紙でプリントアウトしてください)
[お弁当袋] デニム生地
[お弁当袋] ストライプ柄生地
[コップ入れ] デニム生地
[コップ入れ] ストライプ柄生地


つくり方

あらかじめ、ロープを通す部分以外の布の端はジグザグミシンをかけておく。底になる布1枚の両側に、お弁当袋用の布2枚を縫いあわせる。

1
あらかじめ、ロープを通す部分以外の布の端はジグザグミシンをかけておく。底になる布1枚の両側に、お弁当袋用の布2枚を縫いあわせる。

①を表面どうしを重ねて2つに折り、まち針でとめ、両側を縫いあわせて袋状にする。ロープを通す上側は縫わないこと(④参照)。

2
①を表面どうしを重ねて2つに折り、まち針でとめ、両側を縫いあわせて袋状にする。ロープを通す上側は縫わないこと(④参照)。

底になる布の角をそれぞれ三角に開いて折り、まち針でとめ、縫いあわせてマチをつくる。

3
底になる布の角をそれぞれ三角に開いて折り、まち針でとめ、縫いあわせてマチをつくる。

②で縫わずにいた上側の縫い代を開き、まち針でとめ、縫い代をコの字に縫う。

4
②で縫わずにいた上側の縫い代を開き、まち針でとめ、縫い代をコの字に縫う。

ロープを通す部分を3つ折りにして縫う。

5
ロープを通す部分を3つ折りにして縫う。

紐通しや安全ピンなどを使って、⑤に両側からロープを通していき、完成。同様に、コップ袋もつくる。

6
紐通しや安全ピンなどを使って、⑤に両側からロープを通していき、完成。同様に、コップ袋もつくる。


[その他の新学期グッズのつくり方はこちらから]
上履き入れ】【レッスンバッグ

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。