1. 子育て

お家の笹を素敵に彩ろう! 折り紙でつくる、“七夕飾り”のつくり方

2018.06.25 Mon

7月のイベントといえば、七夕。お家の中に笹をかざって、子どもと一緒に日本古来の季節の行事を満喫しよう! 今回は、短冊と一緒に笹に飾る“七夕飾り“を折り紙でつくる方法をご紹介します。ぜひ子どもと一緒にチャレンジしてみて♪

<織姫&彦星>


まずは、七夕の主役である織姫と彦星にトライしてみよう! それぞれつくるパーツは、顔と着物ぜんぶで3つ。パーツ同士をのりづけして、紐をつけて飾ろう。

#01.織姫のつくり方

[用意する折り紙]
・織姫の着物用 7.5cm×7.5cmの折り紙(好みの色)……2枚
・織姫の顔用 15cm×15cmの折り紙(黒)……1枚

[1.織姫の着物]


まずは上着をつくる。図のように折り紙を半分に折って、折り目をつける。

同じく図のように折り目をつける。

同じく図のように折り目をつける。

巻くようにして、2回折る。

折り紙の白の部分が内側になるように、後ろに半分に折る。

点線に沿って内側に折る。

襟の部分を右に引っ張り、青★が赤★と縦の線になるように、引っ張って折りたたむ。右も同様に折る。

図の①~④の順番に、挟んでいく。

図の○の部分の裏側に糊づけして固定する。

次に、スカート部分をつくる。図のように折り紙を半分に折って、折り目をつける。

図のように折り目をつける。

白の三角の部分を、中に入れ込む。

ひっくり返して、上着の後ろのポケットの部分に差し込んで完成!

[2.織姫の顔]


図のように半分に折って、折り目をつける。

同じく図のように折り目をつける。

図の角の部分を三角になるように、中に折り込む。

ひっくり返して、半分に折る。

折り目のラインまで、ハサミで切り込みを入れる。

図のように、手前に折る。

図のように、後ろに巻くようにして折る。

点線の位置で、手前に向かって折る。

先端を中に入れ込む。反対側も同様に、6の行程から折る。

ひっくり返して、表に顔を描いて出来上がり。


上着と顔を糊づけして完成!


#02.彦星のつくり方

[用意する折り紙]
・彦星の着物用 7.5cm×7.5cmの折り紙(好みの色)……2枚
・彦星の顔用 15cm×15cmの折り紙(黒)……1枚

★上着のつくり方は、織姫と同じです

[1.彦星のズボン]


図のように半分に折って、折り目をつける。

同じく図のように折り目をつける。

上着の後ろのポケットの部分に差し込んで、彦星の着物が完成!

[2.彦星の顔]


図のように半分に折って、折り目をつける。

同じく図のように折り目をつける。

図の角の部分を三角になるように、中に折り込む。

ひっくり返して、天地がぴったり合わさるように折る。

図の点線の位置で、上の紙を折る。

図のように、3ヶ所の角を少し折る。

ひっくり返して、表に顔を描いて出来上がり。


上着と顔を糊づけして完成!


<スイカ>


夏の風物詩、スイカ。簡単に折れるので、子どもにも大人気♡ 手順を教えてあげながら、子どもに任せて折ってみよう!

[用意する折り紙]
・スイカの皮用 15cm×15cmの折り紙(緑)……1枚
・スイカの身用 8cm×8cmの折り紙(赤)……1枚

[つくり方]


図のように折り目をつける。

同様に折り目をつける。

角の4ヶ所を図のように折る。

四角になるように、点線の位置で折る。

左右の辺を中央に折り目をつける。

反対側も同様に折り目をつける。

角の4ヶ所を、点線の位置で後ろに折って、折り目をつける。

角の4ヶ所を開く。

スイカの身用の折り紙の角を、★の位置が同じところにくるように、ポケットの中に入れ込む。

半分に折って、タネを描き入れて完成!

<天の川>


笹に流れる天の川。折り紙をつなげれば、長い天の川に! 星を散らばせてスペシャル感もUP。

[つくり方]


図のように半分に折る。

図のように半分ずつ追ったあと、後ろに半分に折る。

両側から切り込みを入れる。

お好みで、黄色の折り紙をカットしたつくった星を散らばせて完成!

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。