HugMug最新号発売中!付録は「絞りエコバッグ」
  1. 子育て

<おうちでワークショップ> matsuo ikukoさんに教わる「花の色しりとり」

2020.05.02 Sat

お家で注目のアーティスト作品を子どもと一緒につくってみよう! 今回の先生は、アートワークショップを主宰しているmatsuo ikukoさん。花と花を色でつなげる「花の色しりとり」を教えてもらいました。普段、何気なく見ている花をじっくり観察して、心の向くままに色をつなげたら、きっと素敵な発見が待っているはず。

<おうちでワークショップ>
matsuo ikukoさんの
「花の色しりとり」

水彩絵の具を使って、花から花へ。次はどの花に行こうかな? まるで蝶々になった気分で描いていきましょう。上手や下手のない世界です。花びらの裏表、茎の先や根元など、よく見ると違う色をしています。似ているけれど違う色を発見することが大切です。一色一色新たに色を混ぜてつくり出してください。

[材料/用意するもの]

・花(色や形の違うものがオススメ)
・筆
・赤・白・青・黄色の水彩絵の具 4色
・封筒(もしくはティッシュ、コピー紙など)
・仕切りのあるバケツ(家にあるジャムの空き瓶やコップでもOK)
・小さな部屋と大きな部屋があるパレット
・画用紙
・汚れてもよい服装

(草花について)
今はお店も閉まっていることがあると思います。
散歩道やお庭にある季節の草花を使って描いてみてください。

(画用紙の準備について)
親子並んでそれぞれ一枚ずつ別の紙に描くのがオススメです。小さな子どもたちは、課題通りに進まなくても大丈夫。ママ、パパと楽しい時間を過ごすことが、何よりの宝物になるでしょう。

[つくり方]


1.ちらし寿司のように、画用紙の上に花を散らします。花のままでもいいですし、花びら・がく・めしべおしべ・茎などに分けても構いません。ここにおいたら美しいな、と感じるところにおいてください。


2.パレットに花の色をたくさんつくります。パレットの小さな部屋に4色の絵の具を出し、大きな部屋で混ぜます。この時、小さな部屋には他の色が混ざらないように筆を洗います。


3.色を取らずに水だけで花と花を結びます。


4.水の線上、一つ一つ花の近いところにその花の色を置きます。どんどん続けて行きます。花の色をしりとりしていくのです。


5.全部の花をつなぐ必要はありません。心地よく続けられる分で大丈夫。頭で考えず、色の世界にズッポリ入って楽しむのがコツです。


6.画用紙の上の草花は飛ばされたり枯れたりと、変化していきます。その経過も楽しみましょう。用意した封筒(なければティッシュやコピー紙で大丈夫)に花をとって包みます。


7.1週間経ち、1ヵ月経つと、きっと色も香りも感触も変わっていることでしょう。ぜひ、時々そっと開いてみてください。出来上がった絵と色を比べてみてもいいですね。その「時間」も楽しんでみてください。


8.花を取り出した画面はこんな感じ。花をとった後も、確かにそこにあった花の存在を感じます。すぐそばにいなくても、見えなくても。
今、お友達になかなか会えないことが多いと思います。確かにある温かな存在を感じる時間になりますように。

今回紹介した「花の色しりとり」はじめ、matsuoさんのHPではオンライン・ワークショップのコンテンツ(有料)も紹介しています。気になった人は、ぜひチェックしてみてください。
matsuo ikukoさんオンラインワークショップ:https://matsuo.katalok.ooo/ja/items?subcategory_id=1767

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。