11/27まで「アップリカ」ベビーカーなどプレゼント!応募はこちら

連載記事

  1. 料理
  2. レシピ

山フーズさんのアートなおやつレシピ 【vol.5 食べられる食器】

2018.11.02 Fri

日々の暮らしにユーモアとアートを少々。するとね、子どもはすぐにクリエイティブの世界へ旅立てちゃう。「たべる」視点をちょっぴり変えたら、いつものおやつタイムに新しい扉が開きます。これは、毎日のおうち時間をキラキラさせるYAMA FOODSさんの魔法。さてさて今日も。驚きと発見と笑いをいただきまぁす! vol.5はみんな一度は夢見た「食べられる食器」をご紹介。

【食べられる食器】

食べられる食器

いつもは噛んだり舐めたりしたら「お行儀悪いわよ」ってママはいう。でも、今日は違うんだ。フルーツパフェを食べたら、そのままスプーンもフォークも、お皿だってバリバリ食べちゃう! 「怪獣の歯だぞ~」って妹を驚かしちゃうぞ。クッキーでつくった食器は子どもをほんの少し大胆に、強い存在にさせる魔法。パフェを食べる途中で、気づけばスプーンやフォークも半分なくなっているからご用心。ママはたくさん揃えておこう。ごちそうさまをしたテーブルの上には何もなくなって、全部おなかのなかへ。


材料(適量)
(クッキー)
薄力粉………100g
無塩バター…50g
きび砂糖……35g
黄身…………1/2個
塩……………少々(色をつけたい場合はココアパウダーを混ぜる)

紙皿(耐熱の器など)
オーブンペーパー
お好みのフルーツ…適量
ヨーグルトやカスタードクリーム…適量

つくり方
1. やわらかくしたバターに砂糖と黄身を加え混ぜ、ふるった小麦粉と塩を入れてサックリと混ぜてひとまとめにする。
2. ラップに生地をくるんで冷蔵庫で1時間寝かせる。
3. 打ち粉をした台で生地を薄く伸ばし、裏返した紙皿に貼付ける。
4. 天板にオーブンペーパーを敷き、皿を覆った生地をのせ、170℃のオーブンで20分ほど焼く。
5. 粗熱が取れたら生地から紙皿をはがしてよく冷ます。
6. 出来上がったクッキーの器にクリームやフルーツをお好みで盛りつける。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。