1. 料理
  2. レシピ

1品から3種類できる chioben 山本千織さん流 常備菜【塩ダレ漬け】

2017.02.02 Thu

東京・代々木上原を拠点にお弁当の販売をしているchioben(チオベン)。彩り鮮やかな美しい盛りつけと斬新な味がロケ弁やケータリングでも大人気です。そんなchiobenを営む料理人・山本千織さんの常備菜レシピをご紹介します。どのレシピも、食材を変えて応用できる調理法ばかり。まずは基本の調理法をマスターして、四季の移ろいに応じて“chioben常備菜”のアレンジをお試しあれ![基本の調理法:塩ダレ漬け]

【基本の調理法:塩ダレ漬け】

『塩ダレ鶏』

自家製の塩ダレに鶏ムネ肉を漬け込むだけ。ムネ肉とは思えないやわらかな食感の秘密は、ビールを使ったタレにあり。サンドイッチの具材にしたり、キュウリと和えておつまみにしたり、サラダのトッピングにしたりと、常備しておくとかなり頼りになる一品です。漬け込んでから5時間ほどで食べられます。
※保存期間:約1週間

材料

    • できあがり量550g

 

    • 鶏ムネ肉…2枚
    • 塩ダレ

A

        • ビール…350ml
        • 酒…70ml
        • 塩…大さじ2
        • 砂糖…大さじ1/2
        • ブラックペッパー…小さじ1/2
        • おろしニンニク…小さじ1
        • ネギのみじんぎり…大さじ1

つくり方

      1. 鶏ムネ肉は縦半分にカットし、1cm幅くらいに斜めそぎ切りにする。両面を包丁の背で軽くたたいて繊維を断ち切っておく。
      2. Aの材料を鍋に入れて中火にかけ、沸騰したら火を止めて冷ましておく。
      3. 2.が冷めたら、1.の鶏肉を漬け込み、冷蔵庫で5時間〜一晩寝かせる。
      4. サラダ油(大さじ1)をひいたフライパンを中火にかけ、両面に火が通るまで焼けば(焼き色はつけなくてOK)完成。

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。