1. 子育て

わたしたちの二世代 KUMONストーリー

2017.05.16 Tue

子どもにくもんを始めさせたきっかけをたずねると、「私も通っていたから」というママの声をよく耳にします。自分が経験したからこそ、自信をもって子どもに勧めたい――そんな2世代で学ぶ親子のくもんストーリーをご紹介します。

生方道子さん&亜美ちゃん・4歳

生方道子さん&亜美ちゃん・4歳

亜美ちゃん(幼稚園年中):国語・算数を学習中
道子さん:算数を小学生の頃に学習

好奇心旺盛で表情豊かな亜美ちゃんは、ママと一緒にお料理をすること、そして可愛いキャラ弁が大好き。美容師のママとの親子コーデにも毎日ハマり中。そんな亜美ちゃんの自宅学習は毎晩就寝前にリビングで。勉強中はテレビを消して集中できる雰囲気をつくり、道子さんも亜美ちゃんのとなりに座りサポート。


褒められた喜びがやる気を育む、
くもんが結ぶ親子の素敵な関係

「落ち着きがないところがあるので、毎日少しでも机に向かわせる習慣をつくりたくて」。取材の最中も人懐っこく、いろいろなものに興味を示す亜美ちゃんを見て、笑顔で話すママの道子さん。折り紙などの座った姿勢でする遊びにもあまり興味を示すことがなかった様子に、3歳からKUMONへ通わせることにしました。
まずは算数から始め、半年後には国語もスタート。1年が経った最近では、カルタなどの集中力が必要な遊びにも積極的に取り組めるようになり、日々の積み重ねの大切さや成長を実感していると言います。「私自身も、母親の勧めで小学3年から通いました。先生が優しく褒めてくれるのが嬉しくて勉強にやる気が出て、いつの間にか身についていたという感じですね。くもんのおかげで算数が好きになり、得意になりました。今でも美容師の仕事をする時に役立っています」
亜美ちゃんは、今では旅行中にも「くもんをやりたい!」と言い出すほど勉強に夢中。「くもんは娘の生活リズムのひとつで、大好きなこと。毎日自分から『やらなきゃ』と意識を切り替えて、できるようにもなっています」。KUMONの教室は「先生が褒めてくれるから楽しい!」とは亜美ちゃん。「私もそうでしたが、とにかく先生がたくさん褒めてくれるのが、娘の勉強へのモチベーションアップにつながっているんだなと感じています。家での勉強や子育ての参考になりますね」。生方さん親子を見ていると、道子さんがくもんで学んだ経験と今の亜美ちゃんの経験が時間をこえて、まるで赤い糸のように親子の素敵な関係をつないでいるような気がします。


算数が3A教材(たし算の初歩)に進んだ時にもらった進級賞の賞状は、生まれて初めての記念の一枚。ママにたくさん褒めてもらって嬉しいね。
算数が3A教材(たし算の初歩)に進んだ時にもらった進級賞の賞状は、生まれて初めての記念の一枚。ママにたくさん褒めてもらって嬉しいね。


幼児向けのKUMONバッグは、普段のお出かけにも背負っていくほどお気に入り。
幼児向けのKUMONバッグは、普段のお出かけにも背負っていくほどお気に入り。


すいせん図書は、「文字が読めるようになって、自分から少しずつ文章の多い本を選ぶようになっていますね」とは道子さん。
すいせん図書は、「文字が読めるようになって、自分から少しずつ文章の多い本を選ぶようになっていますね」とは道子さん。


お料理の最中に、野菜やクッキー型などを使って数や言葉の勉強をすることも。
お料理の最中に、野菜やクッキー型などを使って数や言葉の勉強をすることも。

KUMON公式サイト
http://www.kumon.ne.jp/

編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。