1. TOP
  2. 子育て
  3. 0・1・2歳におすすめの絵本20選。 寝かしつけ向け、季節のイベント別にピックアップ!
    センスのいいママ・パパが集まるファミリーライフマガジン
    PARENTING
    0・1・2歳におすすめの絵本20選。 寝かしつけ向け、季節のイベント別にピックアップ!

    0・1・2歳におすすめの絵本20選。 寝かしつけ向け、季節のイベント別にピックアップ!

    親子のコミュニケーションに大切な絵本の読み聞かせ。今回は、子どもとのお家時間をもっと豊かにしてくれる絵本をシーン別にご紹介! 0歳~2歳の頃は、子どもが体中のいろんな感覚を使って絵本を楽しむ時期。ママがゆっくりと絵本を読んであげることで、子どもの想像力と好奇心を大きく広げ、感性を刺激してくれるはず。寝かしつけ時におすすめの絵本や、夏休み、クリスマス、ハロウィンなど季節のイベント時に読みたい絵本など、さまざまなシーンに合った絵本を紹介するので、お気に入りの1冊をぜひ見つけてみて。


     

    寝る前に読んであげたい おすすめの読み聞かせ絵本

    子どもを寝かしつける時間は、1日の中でもゆっくりと親子のコミュニケーションが取れる貴重な時間。そんな幸せを感じるひと時には、子どもと世界を共有できる、絵本の読み聞かせが最適。ママのやさしい声で語られる物語に、子どもも心地よく夢の世界へ。0~2歳の赤ちゃんには、リズム感の良い言葉やはっきりした絵・写真の絵本がおすすめ。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『くらい くらい』 作:長谷川摂子 絵:柳生弦一郎(福音館書店)

    『くらい くらい』 作:長谷川摂子 絵:柳生弦一郎(福音館書店)

    暗い部屋の中、謎の黒い影に向かって「でんきをつけてちょうだい」とお願いをすると……ぱっと明るくなった部屋の中にはだれがいるかな? 闇が光へと変わる瞬間の高揚感が、赤ちゃんを嬉しい気持ちにしてくれます。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『しっぽがぴん』 作:おくはらゆめ(風濤社)

    『しっぽがぴん』 作:おくはらゆめ(風濤社)

    繰り返しのリズムが癖になる、何度も声に出して読みたくなる絵本。きつねのしっぽがぴん!たらり。ねこも、かめも真似してぴん!たらり。軽快なリズムとほのぼのした動物たちの表情に大人もハマる中毒性の高い1冊。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『おきたらごはん』 文・写真:岩合 光昭(福音館書店)

    『おきたらごはん』 作:岩合 光昭(福音館書店)

    野生動物たちの寝顔とご飯を食べる姿で構成した写真絵本。動物たちは寝て、起きて、ご飯を食べることで、それぞれの持つ生きる力を育んでいます。しっかり寝て、いっぱい食べるといいことがあるよ、と子どもに教えるのにも最適。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『ねぶしろとおいしいまる』 作:あべはまじ (mille books)

    『ねぶしろとおいしいまる』 作:あべはまじ 絵:ひらさわまりこ (mille books)

    アベカズヒロさんと“はまじ”こと浜島直子さんによる夫婦創作ユニットが手がける、寝かしつけ絵本の続編。ちょっと臆病でいつも寝不足の男の子“ねぶしろ”が森の中で迷子に。ねぶしろが帰り道を見つけられた理由とは? 心温まるストーリーと愛らしいイラストに癒されること間違いなし。イラストは、平澤まりこさんが担当。

    関連記事
    寝る前に読んであげたい おすすめの読み聞かせ絵本3選【0~2歳向け】
    ひとり時間に読みたい 今月の新刊&絵本 6冊
    ママのひとり時間に読みたい 新刊&キッズにおすすめの新刊


    赤ちゃんから大人まで楽しめる! アートな絵本

    子どもがアートな感性を養える絵本やオモチャみたいに楽しい仕掛け絵本、お部屋に飾っておきたくなるおしゃれな見た目の絵本など、様々な “アート絵本”を集めました。わが子への誕生日プレゼントや、ギフト選びの参考にも◎。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『LITTLE EYES 3:いろ・いろ・いろ』 作:駒形克己(偕成社刊)

    『LITTLE EYES 3:いろ・いろ・いろ』 作:駒形克己(偕成社刊)

    デザイナーで造本作家の駒形克己氏による、赤ちゃんのためのカード絵本「リトルアイシリーズ」。カード形式になっていて、赤ちゃんが初めてのかたちや色に触れるきっかけに。1作目はわずか3ヵ月から楽しめるので、月齢に合わせて楽しみたい。今回紹介するのは、5ヵ月くらいにおすすめのシリーズ3作目。5ヵ月にもなると、赤ちゃんは見たものを吸収する力が一気に芽生える。カードを開けたり閉じたりするたびに起こる形の組み合わせと変化が、赤ちゃんの刺激を掴むよう工夫されている。パラパラと眺めながら、楽しく造形に触れることができる。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『まるまるまるのほん』 作:エルヴェ・テュレ(ポプラ社刊)

    『まるまるまるのほん』 作・絵:エルヴェ・テュレ 訳:谷川俊太郎(ポプラ社刊)

    フランス発・ポップな色づかいが楽しい一冊。赤ちゃんでも目につきやすい赤、黄、水色の鮮やかな丸たちが、絵本の中で躍動感たっぷりに動き出す! 絵本をさまざまな角度に傾けてみたり、好きな色の丸を触ってみたり、赤ちゃんにとっては刺激に。2歳くらいになったら、自分で文章を読めるようになってさらに楽しみ方が広がる。谷川俊太郎氏による素敵な翻訳に導かれて、どんどんページをめくりたくなること間違いなし!

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『BABY NUMBER BOOK』 作:リサ・ラーソン/ヨハンナ・ラーソン(トンカチ刊)

    『BABY NUMBER BOOK』 作:リサ・ラーソン/ヨハンナ・ラーソン(トンカチ刊)

    赤ちゃんが初めて数に触れるきっかけになる、数字絵本。陶芸家のリサ・ラーソンと、娘のヨハンナ・ラーソンの初の共作。ヨハンナがデザインを手がけた。北欧らしい色使いが、飾っていたくなるほどおしゃれ。また、出産祝いのギフトとしても喜ばれそう。1から10まで、見開きごとに数字と動物のイラストがリンク。ページをめくるたびに数字と動物の数が増えていき、うれしい気持ちになる! 赤ちゃんが楽しく数字に触れることができる一冊。ハードカバーなので、かじったりしても安心。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選

    『とびだす絵本 おもちゃばこ』 作:ジェラール・ロ・モナコ 訳:うちだ さやこ(アノニマ・スタジオ刊)

    仕掛け絵本の名手、ジェラール・ロ・モナコによるワクワクする仕掛けのアイディアがいっぱいの絵本。厚みがあるのに、やわらかさとあたたかみがある紙質も、大切にしたくなる魅力のひとつ。本を開くと、ヨットやトラック、消防車など世界共通で子どもに愛されるモチーフたちが次々に登場。ページをめくるたびに飛び出す仕掛けに、物語の中に入ったかのような気分になれる。オモチャのように遊べる一冊。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『あかい ふうせん』 作:イエラ・マリ(ほるぷ出版刊)

    『あかい ふうせん』 作・絵:イエラ・マリ(ほるぷ出版刊)

    イタリアミラノの絵本作家、イエラ・マリによる“字のない絵本”。子どもがふくらませたひとつの真っ赤な風船が、リンゴや蝶、お花へと次々と変わっていく様子が描かれる。ページをめくるたびに新しい展開になるので飽きずに楽しめる。まだ視力のはっきりしていない赤ちゃんにとっても、目にとまりやすい赤色が想像力を刺激してくれる。子どもの自由な感性に任せて、無限に楽しみたい一冊。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『かおノート』 作・絵:tupera tupera(コクヨ株式会社刊)

    『かおノート』 作・絵:tupera tupera(コクヨ株式会社刊)

    うれしい顔、困った顔、照れた顔、悲しい顔……。いろんな顔をつくって、遊んで、笑える大人気のシールブック「かおノート」シリーズ。顔に見立てた写真やイラストに、目・鼻・口・ひげなどのシールを貼って、オリジナルの顔がつくれる。作者・tupera tuperaによる遊び心いっぱいのページやパーツで顔をつくって、お正月の福笑いのように家族で楽しみたい! シールを貼るわずかな角度の違いでも、異なる表情が生まれるのできっと子ども心を掴むはず。

    関連記事
    【プレゼントにもおすすめ!】年齢別 アートな絵本20選


    夏休みに読みたい おすすめ絵本

    「夏」や「夏休み」をテーマにした楽しい絵本をご紹介。やさしい世界観のなかで展開する心躍るストーリーは、夏のワクワクした気分を後押ししてくれるはず。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『おばけのアイスクリームやさん』 作:安西水丸(教育画劇)

    『おばけのアイスクリームやさん』 作:安西水丸(教育画劇)

    数々の名作絵本を手がける安西水丸さんの愛らしい絵と言葉のリズムが楽しい絵本。森でアイスクリームやさんをしているおばけのぼんちゃんの元に、「アイスクリームちょうだい」とやってくる動物たち。ほのぼのしたタッチとゆったりした世界観が、小さな子の読み聞かせにぴったり。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『さんパピプペぽ』 作:よしこ・オズボーン 絵:ゆら・オズボーン(若芽舎)

    『さんパピプペぽ』 作:よしこ・オズボーン 絵:ゆら・オズボーン(若芽舎)

    写真家の若木信吾さんがプロデュースする絵本レーベル・若芽舎のミニサイズ絵本。おさんぽに出かけた主人公が出合う、さまざまな生き物たち。造形が面白い流木を生き物に見たて、躍動感あふれる世界観を表現。ストーリーを母のよしこさん、イラストを娘のゆらさん、流木の写真を父のブルースさんが手がけた親子共同作品。

    関連記事
    【年齢別】夏休みに読みたい おすすめ絵本6選


     一生の宝物にしたいクリスマスの絵本

    クリスマスに読んでほしい絵本を、人気のベストセラーから今年の新作、不朽の名作まで、一生の宝物にしたいものをラインナップ。素敵なクリスマス物語の数々をお届けします。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『さんかくサンタ』 作:tupera tupera(絵本館)

    『さんかくサンタ』 作:tupera tupera(絵本館)

    手づくりの12色の色紙を、さんかく・まる・しかくで切ったり貼ったりして完成した、愛らしいクリスマスのおはなし。カラフルなイラストにリズミカルな言葉が、子どもの気持ちをぐっとつかみます。あたたかみのある手触り感は、tupera tuperaならでは。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『クリスマス いないないばあ!』 作:インゲラ・アリアニウス(岩崎書店)

    『クリスマス いないないばあ!』 著:インゲラ・アリアニウス(岩崎書店)

    子どもが大好きな「いないいない… ばあ!」をクリスマスのサンタさんやゆきだるまさんたちが披露。ポップなイラストにあるカラフルなフェルトをめくって「いないいない… ばあ!」。さいごにかくれているのは「きみ!」という仕掛けで、思わず笑顔に!

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『クリスマスのかくれんぼ』 作:いしかわこうじ(ポプラ社)

    『クリスマスのかくれんぼ』 作:いしかわこうじ(ポプラ社)

    赤ちゃんに大人気の型抜きしかけ絵本のシリーズ10作目。ページの中にかくれんぼしているクリスマスツリー、靴下、サンタクロースなどにくりぬかれた型抜きのページをあてて遊ぶ仕組み。発見するたびに、子どもの気分も高まり楽しく読み進められる。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『サンタさん どこにいるの?』 作:ひらぎみつえ(ぽるぷ出版)

    『サンタさん どこにいるの?』 作:ひらぎみつえ(ぽるぷ出版)

    仕掛けを動かすと、愛らしいサンタさんが「ここじゃよ!」と現れるユニークな絵本。簡単なので0歳からも楽しめますが、2歳くらいになると自分で仕掛けを動かすことにはまりそう。「サンタさんはどこかな?」というママやパパの問いかけに、ノリノリで答えてくれるはず。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『クリスマスのおばけ』 作:せな けいこ(ポプラ社)

    『クリスマスのおばけ』 作:せな けいこ(ポプラ社)

    「うれしい、うれしいクリスマス。だけど、おばけにとってはどうかしら?」と、女の子がクリスマスの日におばけのことを思います。そして、おばけがさみしくないようにおもてなしの準備。そんなふうに自分が楽しい時も誰かのことを思いやれるって素敵。優しい気持ちが育まれる絵本。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『サンタのおまじない』 作:菊地 清(山房)

    『サンタのおまじない』 作:菊地 清(山房)

    この絵本は、楽しい“切り絵”の絵本。野菜の形をした色紙が、『いち にい サンタ!』と おまじないを言って、どんどんハサミを入れていくとまさかのものに。その変わりようは見事。これは大人でも感激してしまいます。「この野菜は、何になるんだろう?」と、親子で考えるのも楽しい。

    関連記事
    【年齢別】 一生の宝物にしたいクリスマスの絵本


    親子で読みたい ハロウィン絵本

    “ハロウィン”をテーマに、ちょっぴり怖くてかわいい絵本をご紹介。おばけに魔女、ガイコツ、透明人間と、愛らしいキャラクターのとぼけた様子に子どもたちも大喜び。ハロウィンのコスプレのアイディアに活用しても良さそう。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『おばけのコンサート』 作:たむらしげる(福音館書店)

    『おばけのコンサート』 作:たむらしげる(福音館書店)

    古い家に住む小さなおばけはハーモニカが得意。いつものように吹いているとドアを叩く音がして、ちょっぴりシュールで愛嬌たっぷりな珍客が次々にやって来ます。オーケストラのように盛り上がってきた時、家がぐらりと揺れて、大きな仲間も参加する大パーティに。愉快な音遊びとほのぼのした色鉛筆のイラストが楽しい絵本。

    0・1・2歳におすすめの絵本20選『おばけが ぞろぞろ』 作:ささきまき(福音館書店)

    『おばけが ぞろぞろ』 作:ささきまき(福音館書店)

    『ぶたのたね』『やっぱりおおかみ』などを手がける佐々木マキさんによるおばけの絵本。木の“うろ”から出てきたおばけは、「ぞぞまる」ちゃん。ガラス瓶の中からは「もものり」ちゃん、ゴミ箱の中からは「おろむか」くん、次々におばけの仲間たちが登場。ユニークで個性あふれるおばけの様子に注目! ラストの展開には、ちょっぴりドキドキするかも。

    関連記事
    【年齢別】親子で読みたい ハロウィン絵本10選


    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    SNS SHARE・SNS SHARE・SNS SHARE・
    みんなに教えてあげる

    KEYWORD

    WHAT'S NEW新着記事

    READ MORE

    HugMug MAGAZINE

    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    MY BEST HOME

    お家時間がもっと好きになる! 最高の家づくり

    RANKING人気記事ランキング

    子育て
    総合
    特集
    ファッション
    ライフスタイル
    子どもの行事
    お出かけ
    フード
    ビューティ
    READ MORE

    RANKING人気記事ランキング

    子育て
    総合
    特集
    ファッション
    ライフスタイル
    子どもの行事
    お出かけ
    フード
    ビューティ
    READ MORE

    CATEGORY

    HugMug MAGAZINE

    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    VOL.32 AUTUMN & WINTER ISSUE
    MY BEST HOME

    お家時間がもっと好きになる! 最高の家づくり