11/28最新号「お家特集」発売!特別付録はボアサコッシュ♡

連載記事

  1. ママライフスタイル

教えて横峰さん! 子育てのお悩みを笑って解決!~Vol.3 「卒乳のすすめ」~

2018.11.21 Wed

“水曜日は育児マンガの日!” まめちゃん&ゆめこちゃんとの愛らしい日常がInstagramで大人気のイラストレーター横峰沙弥香さんのイラスト連載Vol.3! HugMug読者のママから寄せられた、子育てのありとあらゆるお悩みに、毎月横峰さんがユーモラスに回答してくれる企画です。今回も、まめちゃんのエピソードを交えて本気で解決!次回のお悩みもページの最後で募集中!

第3回目は、神奈川県にお住まいのママ・ひげすぎさんのお悩み。
長男1歳のママが抱えるお悩みとは……??

 

まめは筋金入りのおっぱい星人。

おっぱいおっぱいとわたしを追い回し

事あるごとに服をめくってくるまめに不安を覚えたものですが

いくら不安でもいつかはおっぱいをやめていただかなくては困るので

お世話になっている助産師さんの指導のもと

わたしの健康面など諸々考慮して1歳3カ月のときに断乳を決行しました。

 

結論から言えば

無事に母乳を卒業しつつも乳そのものの温もりは愛する健全な男子へと成長しましたので

断乳という方法をとったのはよかったのではないかと思います。

 

おっぱいに絵を描くというやり方はわたしも本などで読んだことがあったのですが

「おっぱいへの嫌悪感を植え付けることが目的ではないため、その子が好きなキャラクターを描く」というのは助産師さんから教えてもらって初めて知りました。

怖い絵を描いたりすれば良いのだと思い込んでいたわたし、目からウロコ。

乳首は完全に黒で塗りつぶし、その存在を消す。

そして、おっぱいは本日をもって授乳というお仕事を卒業したのだということを伝える。

あとはとにかく褒めちぎる。

 

教えられた通りにこのプロセスを繰り返し

日中はたくさん歩き

美味しいものを食べてたくさん寝て

 

3日ほどだった頃でしょうか

隙あらばおっぱいを吸おうとギラギラしていたまめがあっさりと落ち着き

美味しそうにご飯をもりもり食べ始めました。

それまではおっぱいの脇役的なポジションだったご飯がメインへと入れ替わった瞬間です。

 

自分の意思だけではどうしようもないこともある。それを自力で乗り越えなければならないことも。

断乳という、大好きなものからの卒業を乗り越えたまめは

一回りもふた回りも成長したように思います。

 

もちろん、自然に卒業する子供もいるでしょうし

そこは本人とお母さんの状況を見ながらそれぞれベストな形で進めて行ければ良いと思いますが

今回の話は参考までに……

 

 

※断乳はお母さんの身体にも負担がかかるので

プロの指導のもと行うことをお勧めします。

育児相談や指導をしてくれる助産院は意外とたくさんあるので

相性のいい助産院を見つけておくと安心です。


次回の横峰さんの連載は12/19(水)! みなさまの「横峰さんに聞きたいこと・子育ての悩み」を大募集します! 可愛い悩みも、ヘビーな悩みも大歓迎です。応募フォームからお気軽に応募してくださいね。【応募締め切りは 11/27(火)23:59まで】


編集部おすすめ記事

編集部がおすすめする旬のトピックスをお伝えします!

みんなの記念日フォト

読者のみんなが投稿した記念日スナップが集合!

→みんなの記念日フォト一覧へ

→みんなの記念日フォト一覧/参加方法へ

気に入った記事やスナップを、
お気に入りに登録することができます。
会員限定の機能ですので、
ぜひ新規会員登録してご利用ください。

新規会員登録

会員の方は、こちらからログインしてご利用ください。